FC2ブログ
 

あなたとカモミールティーを

【篤姫と郁姫9】

改めましてこんばんは。

実は思ってることがありまして…
一人暮らししたらスカパーでキズステとAT-Xだけは入ろうかとw
だってUHF系のアニメが全然見られなさそうなんだもん(>_<)
っていうか、もしかして『東のエデン』も見られない???
いやぁぁぁぁ!!!
こっちで毎週録画だなorz
ていうか早く声優陣発表してよ~!
それによっては諦めがつくから(笑)

さてさて、お約束の更新です。
お待たせしました。
誰も待ってないかw
【篤姫と郁姫8】の続きです。

【篤姫と郁姫9】
パラレル

苦手な方は猛ダッシュでお逃げ下さい。



毬江が緒形の屋敷に行った翌日。
朝食を済ませると堂上と小牧は早速緒形の屋敷に向かった。

「篤子ちゃん、今日は武術の稽古受けなきゃね。」
「小牧さんはその間どうしてるの?」
「折角だから稽古見物させてもらうよ。」
「なんだか小牧さん嬉しそう。」
「篤子ちゃんもね。よかったね、郁姫様と会えて。」
「べ、別に俺は!」

思わず普通の声で反応するとすかさず小牧に注意された。

「注意するくらいなら困るようなこと言わないで下さい。」
「ごめん、ごめん。でも困ることなんだね。くくっ。」

他愛のない話をしながら歩いているとあっという間に緒形の屋敷に着いた。

「お邪魔します。」

声をかけると中から柴崎が迎えに出てきた。

「お待ちしておりました。小牧様、毬江姫様お待ちですよ。
篤姫様もようこそ。ふふっ。」
「柴崎さん、笑ったら可哀想だから。くくっ。」
「そう仰る小牧様こそ。立ち話もなんですから中へどうぞ。
郁姫様が篤姫様に会いたがってますよ。」
「よかったね、篤子ちゃん。」

小牧と柴崎のからかいに堂上は仏頂面になった。
そんな堂上を見て2人は楽しそうに笑った。

「郁姫様、毬江姫様、篤姫様と小牧様がいらっしゃいましたよ。」
「ごきげんよう。ど、ど、ど、ど、堂上様?!」

堂上の姿を見ると郁は案の定驚き声を上ずらせた。

「郁姫様、篤姫様ですよ。」
「あっ、そうでした。篤姫様、小牧様、ようこそ。」
「ありがとう、郁姫様。」
「それにしても篤姫様はよくお似合いですね。」

言いながら郁はくすくすと笑った。

「それは誉めているのですか、郁ちゃん。」
「えっ、え~!声まで高い!」
「この格好で声だけ低いとおかしいでしょう。
だから高い声で話すよう心がけているのです。」
「か、可愛らしい声ですね。でも違和感があるんですけど―。
あのー、何で『郁ちゃん』と?」
「毬江ちゃんが『郁さん』と呼んでいたから―。」
「では私も毬江ちゃんを呼んでいたように『篤子ちゃん』と呼んだ方が?
でも堂上さんのが年上だから『篤子さん』かな?」

篤姫も変だけど篤子っていうのも変だな。

「変で悪うございました。お好きなように呼んで下さい。」
「えっえー!何で?」
「駄々漏れでした。」
「申し訳ありません。」
「別に。」

謝ったにも関わらず相変わらず不機嫌そうに答えた堂上が気になり柴崎に助けを求めると、
クスクス笑いながら「可愛いと言われたことが不満なのですよ」と教えてくれた。
しかし誉めてるのに何故不機嫌になられなくてはならないのか分からない郁は、
「せっかく誉めたのに」とヘソを曲げてしまった。

「あー、郁姫様怒っちゃった。篤子ちゃんがいけないんだよ。」
「小牧様、あまりからかっては可哀想ですよ。
そうでなくても私のせいでこの様な格好をさせられていますのに。」
「毬江ちゃんは優しいね。
それはそうと篤子ちゃん、郁姫様に頼みごとあるんでしょ。
機嫌直してもらわなくていいの?」
「小牧さん、郁ちゃんんは『郁姫様』なのに毬江ちゃんが『毬江ちゃん』なのはおかしくない?」
「そうか。では俺もこの際、『郁ちゃん』と呼んでもいいかな?郁姫様。」

チラチラと堂上に目をやりながら郁に聞くと何も考えていない郁は快く了承した。
郁の返事を聞き堂上はますます仏頂面になった。

「堂上様、私何か失礼なことしましたか?
何だかいつもの堂上様と違って―。
ちょっと飲み物飲んできますね。」

そう言うと郁は部屋を出て行った。

「あの―、お飲み物は目の前にあると思うのですが何故わざわざ飲みに?」
「手塚、やっぱりあなたは鈍感だわ。」
「柴崎様、どういうことで?」
「さあ?さて、どなたが呼びに行きましょうか、篤姫様?」

柴崎と小牧は愉快そうに堂上を見、
毬江はそんな小牧をたしなめるように小牧を見た。
手塚は何も分からずにおろおろしていた。
堂上はさらに仏頂面になりつつ「私のせいだから」と郁を探しに行った。
柴崎、小牧はしてやったりと笑い、毬江は微笑ましそうに堂上を視線で追った。

続く


いやぁ、篤子ちゃん書きにくいっ!
これじゃあ全くジレジレ感が出ないじゃないか(笑)
常に女声で話す篤子ちゃんを誉めたいです!
時々男声になるけどw
それにしても今まで『あ』って打つと『篤さん』がトップだった携帯の予測変換が…
完全に『篤子ちゃん』に乗っ取られました(笑)
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する