FC2ブログ
 

あなたとカモミールティーを

『AKURO』総括その1

いやぁ、やっと終わってしまったっていう脱け殻感から脱出しつつあります(笑)
やっぱり好きな作品が終わっちゃうって寂しいですよね。
好きな作品が終わる度に脱け殻です。
今年は『ルドルフ』、『サイゴン』、『AKURO』がそうかな。
そういえばもうそろそろ1年の観劇記録を振り替える時期ですね。
観劇納めが終わったら年内に書きます!

その前に『AKURO』の総括!
1回で終わらせる予定です!!
予定ですでした!
予定ですでした。
予定ですでした…
2回で終わらせます!

どうやって振り返ろうかな?と思ったんですが場面ごとに順を追っていきますね。

【1幕】

ここの暗転で言われるセリフ変わりましたね。
分かりやすくなった気がする!
もしかして2年間で私が蝦夷を色々調べたからそれでか?
とも思ったのですがセリフ変わったせいですよね?(笑)
そしてアンサンブルの方々によるいきなりアクロバティックなオープニングです。
ここ、みんなで一斉に立ち上がるのが滅茶苦茶好きです。
カッコいいですよね。

そして吉野さん&西村さん&川本さん登場!
「む~かし、むか~し~の」で御伽草子です。
ここテンション上がるんです(笑)
「高丸で~」が坂元さんの第一声です。
そんなこと分かるか(笑)
初回はここで桃太郎ヘアを速攻チェックしました(^^;
沙也加嬢も可愛らしいし、綺麗な声で鈴鹿にぴったり。
で、ここの終わり方がちょいと変わりましたね。
前はひとしきり「めでたや」って騒いで、アンサンブルの声で「ここは日高見の国、胆沢の地」だったけど、
今回は「この物語を聞かしょうぞ」って感じで3人が連呼してその後吉野さんだけ残って「ここはその物語の舞台。日高見の国、胆沢の地」って感じでした。

そして高麿の登場場面はガラッと変わりましたね。
前はアケシが「寝ろでじゃ」って歌ってる所に客席から(だよね?)登場して源太追い付いて、「面白い歌だなぁ」で既に書いてあった鬼の絵を見せておどかす。
そんで手柄うんぬんの歌を歌ってアカゲが現れて移動。
そこで「え~え~」ってアンサンブル?が歌い「あ~あ~あ~」って坂元さんが歌い継ぎ、「白い鹿だ!」だったはず。
今回はいきなり「え~え~」って歌い出します。
そして「あ~あ~あ~」には歌詞がつきました!
で源太登場。
鬼の絵を書いてる時にアケシが「寝ろでじゃ」って歌って書き終わった絵を見せておどかす。
その後手柄うんぬんの歌を。
ここ、源太の最後に高麿がなんか歌うようになりましたね。
そしてアカゲ登場。
移動中には歌いません。
「白い鹿だ!」はありますよ。

そして田村麻呂のもとへ。
ここの高麿と田村麻呂のやりとりいいよね。
「田舎は苦手か?」のくだりね。
坂元さんってこういうところ上手いなって本当に思います。
で、「この地に戦がおきて20年」っていうくだりは歌になってました。
音楽は1幕ラストのあの曲と同じですね。
この曲のタイトルいつも思い出せない(笑)
手元にパンフないから断念です(^^ゞ


この後の流れも変わってますね。
前は蝦夷3人に「何で大和に降伏した?」って聞いて、その後御伽草子に入って探索。
今回は「後で地図を持ってきてくれないか」で、探索開始。
まずアオガエルに「大和に降伏した訳を」って歌って聞く。
そして蝦夷登場。「新しい役人キター!」ってなって「兄貴に知らせよう!」で退場。
再び探索して残りの2人に降伏した理由を歌で聞き、クロブチは退場。

で、御伽草子です。
ここはまず源太が打ってた締太鼓がなくなってます。
そして「伊勢国、鈴鹿山より―」って言うのが歌になった。
「これを思し召された帝―」は前と同じ台詞です。
鈴鹿は「我は魔王の娘なり」って前は歌ってたのですが、
今回は「我は第六天魔王?の娘なり」って台詞になってます。
「かくなる上は―」は歌だけど歌詞がちょい変わってますね。
田村丸もセリフです。
「手に手を―」は歌ってます。
そして「鈴鹿御前とぞ申すなり~~~」って歌いながら高麿は後ろに下がっていき、
高台?になってる所で就寝。
そしてその歌を鈴鹿が引き継ぎ「寝ろでじゃ寝ろでじゃ~」となり、
アテルイが引き継ぎ高麿ビックリ!に続きます(笑)

ここは寝床が坂になってるので、剣が滑り落ちていき、
それを取る高麿も滑り落ちながら拾うっていうのが好きです。
で、探索なんですが、ここは音楽が大きく変わりました!
前のが微妙に好きだったかも。
ここでは客席に下りてはけるっていうの変わってません。
そして基本的に「ちょっと待ってよ、足の長さ違うんだから~」と言って退場。
楽は「ちょっと待ってよ、ちゃんと腱とか伸ばさなきゃ」でした。
そして巌谷に到着。
ここはね、あの岩の間を通る時に黒子?に頬を撫でられたりするのが…
セクシーで好きだったんだけど、岩が吊り下げられてる状態になったので変更でした。
ここが演出変更で一番残念と言っていいくらいの変更でした。

蝦夷たちの場面はやっぱりかっこいい~!
っていうかヤイラ髪形変わったよね?
前は普通に垂らした状態だったと認識してるんだが。
「安倍高麿と申す!申しま~す」は変わってなくて良かったです。
なんか、ヒトカとクスコの役者さんが変わって雰囲気がガラッと変わった気がする。
ヒトカは前は「いい人」ってイメージが強かったんだけど今回はそこに「熱さ」が加わった気がします。
クスコは前は「頭脳派(だけどアクロバットはすごいw)」ってイメージがあったんだけど今回は「めちゃくちゃ肉体派!」ってイメージ!
見た目に左右されてるって突っ込みはなしで(笑)
この後の歌の場面で前から思ってるんだけどアケシにはアテルイが見えてるんだよね?
アケシは目見えないけど心で感じてるんだよね??
って思ってるけど「見えてません」とか突っ込み入ったらとても切ないです。

イサシコが「鉄の谷見つからなければ殺されない」って感じの歌が歌詞変わってましたね。
前は「見つからなければ殺されない」だったのが今回は「見つかったら皆殺し」に。
今回のが大和の鬼度がUPしてますね。

この後のイサシコ・オタケ・アケシ・ヒトカの歌は微妙に変わりましたね。
この歌も好きです。
各々の葛藤が見え隠れしてますね。

そしてアテルイの高麿いじり(笑)
当時、赤十字なんてないですよね?という突っ込みはしない方向で。
もしかしてそんな昔からあるの??
まぁ、いいや。
で、この場面の高麿可愛いよね。
「いやーいやーいやー」とか「それもやーそれもやーそれもやー」とか。
「助けて」って言うのが何かワンコみたいと思ったのは私だけかしら?
期待して目がキラキラしてるし!
これは坂元さんがやるから可愛いんだ!!
ちょっと反抗してみるけど完全に勝ち目なしですね。
そりゃ相手はアテルイだもん。
そしてアケシ登場!
あの勢いで刃物振り回されると本当に刺されそうで怖いよね、高麿。
最初から「助けてあげるから大人しくして」とか言っちゃえばいいのにー。
でもそれじゃ、高麿の逃げ惑う姿が見られないからダメか。
いや、そんな理由でダメなんじゃない。
あれは「アケシは殺すのか?」っていうハラハラ感がいいんだよね。
最初に見たときはすっごいハラハラしたもん。
そしてさりげなく剣を遠ざけるのが可愛らしい。
でもって、アケシに約束する所、いい人だ!
それでこそ高麿!って感じだよね。
あれはきっと源太だったらそのまま逃げて終わる。
だって源太は…。
その後の「送ってくれるんだよね?」が健在でよかったです!
ここ可愛いんだもん!!!
私の中で高麿は可愛いキャラです。
もちろんかっこいい所はかっこいいですよ☆

そして戻ってきてあそこで大ナンバーを歌う!
この歌はね、この歌だけでも音源残して欲しい!
その前に「鈴鹿の目はどうして…」っていう言い方がね。
高麿いい人だよ。そして純粋に疑問なんだろうね。
それまでは見えてたわけだから。

で、お待ちかねの大ナンバー!
ここはね、私の感想を読むよりも実際に聞いていただいたら分かるんだろうなぁ。
でも書きます。書ける自信ないなぁ。
なんかね、前も書いたと思うけど、「グワァ」って胸が詰まるんですよ。
それまで知らなかった大和と蝦夷のことを知る訳でしょ。
で、今まで大和は正しいって思ってきて、蝦夷は滅ぼすべきだって考えだった訳じゃないですか。
滅ぼすべきとまでは思ってないかもだけど。
それが大和の実態を知らされちゃうんですよ。
大和=善から大和=悪っていう図式に変わっちゃう訳じゃないですか。
でも、だからこそ大和と蝦夷が手に手を取り合って共存していけないか?
っていう思いがこの曲、歌にのせられてるんだろうなと。
でもこの曲さ、本当に坂元さんの声質とぴったり合ってるよね。
高いからキツイと思うけど、でも素晴らしいんだよ!
ここのアテルイの去り方&去り際の表情がなんともいえないんです!
初演の時はなんとも思ってなかったということは見てなかったってことか?
手を伸ばして触れるか?と思うと倒れるように去って行くんです。
あの表情は何を言いたいんだろう?
なんか色々な想いが籠もってる表情ですよね。

そして蝦夷登場。
ここは音楽も蝦夷たちもかっこよすぎ!
何も言えません。
はやる若者?を抑えるイサシコがまたいいね!
で退場方法がみんなジャンプなんて…!
蝦夷はイメージ的に運動能力高いです。
「獣となって俺たちは戦った」って言ってるくらいですからね。

ここで1幕終了。
総括その1も終了(笑)
書き忘れた!開演アナウンスは鈴鹿御前です♪

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)